オーナー向けコラム

ページの説明文

2012年6月20日

アパート、マンションの節税対策

アパートやマンション建設がどれほど相続税の節税になるのかを具体的に説明します。

アパート、マンションを建てる動機

みなさんがアパート、マンションを建てるときの動機は何でしょうか。
相続税の節税でしょうか。

相続税の節税というのは、アパート、マンションを建てると、土地の評価が15%引き、建物の評価が65%引きになることです。

例えば、1億円の土地に2億円のマンションを建てた場合、土地の評価は8500万円、建物の評価は7000万円になります。3億円の財産を1億5500万円で評価してくれるのです。

これにより、数千万円の相続税が節税になるかもしれません。
また、固定資産税、都市計画税の節税もあります。

アパート、マンションを建てると駐車場などの更地と比較して、土地の固定資産税が75%引き、都市計画税が40%引きになります。例えば、駐車場で利用している1億円の土地があった場合、現在の固定資産税は70万円、都市計画税は15万円の合わせて85万円程度でしょう。この土地にアパートを建てると、土地の固定資産税は18万円、都市計画税は9万円の合わせて27万円程度に落ちます。もっとも別途、建物の固定資産税、都市計画税がかかるのですが。

このようにして、みなさんは節税目的でアパート、マンションを建てていきます。
もちろん、アパート、マンションの収益力はみなさんの生活費となり、同時に節税も達成されるのですから何も文句は無い訳ですが。

著者紹介

笠井良一税理士事務所  所長
笠井良一 氏

著者記事一覧へ
「相続」関連記事
「税務」関連記事

最新の情報をいち早く入手したい!本格的なセミナー形式で、現代社会の変化に対応できる知識や知恵をお伝えします!

最新記事

注目記事

役立つ書籍紹介

家族のために学ぶ愛情相続1
子をもつ親をもつすべての人へ。遺言は家族への最後のラブレターです。「相続とは何か?」から「誰に何をどのくらい相続するか」まで、家族の将来を考えながらそれぞれの事情に則した知識と知恵を学びましょう。
家族のために学ぶ愛情相続2
愛する家族の幸せを願うなら“遺言書”は必須です。 相続はどんな人にも必ず降りかかってくるとても重大な問題なのです。もめる前に、苦しむ前に家族のための対策をお忘れなく。